【定番の佐野ラーメンを食べなら】おすすめ佐野らーめん店はどこ?【おぐら屋<おぐらや>】

【定番の佐野ラーメンを食べれる】おすすめ佐野らーめん店はどこ?【おぐら屋<おぐらや>】

やっほ~~~い、ほーい、ノブ・ヤマネです。


栃木県佐野市を訪れる理由は、佐野厄除け大師のついでに「佐野ラーメンも食べていくか?」ではないのでしょうか?


ノブ・ヤマネが小学生の学童野球時代から食べている定番の佐野らーめん【おぐら屋<おぐらや>】を紹介するよ。

【おぐら屋<おぐらや>】をおすすめするノブ・ヤマネが佐野らーめん店を紹介

栃木県佐野市に一度訪れた方なら佐野らーめん店【おぐら屋<おぐらや>】の名前を検索したり、佐野らーめん会が発行している『佐野・下野国らーめんの郷(通称:佐野らーめんマップ)』が存在します。

ノブ・ヤマネが小学生の学童野球のチームメイトと親御さんたちと、まだ【おぐら屋<おぐらや>】が店舗型住宅で小さな街のラーメン屋だった頃から知っている定番の佐野らーめん店といっても過言ではありません。

佐野らーめんは、青竹打ちのちぢれ麺と薄味のスープに、ナルト・チャーシュー・メンマ・白ネギがのっているのが定番の佐野らーめんです。。

そして、ノブ・ヤマネ的、元祖佐野らーめんとも言えるのが【おぐら屋<おぐらや>】の佐野らーめんなのです。

小学生当時の【おぐら屋<おぐらや>】の佐野らーめんは、現在と同様にスープが並々と入っていて、麺はちょっと柔らかめであっさり&さっぱりのお味でした。

そして、佐野らーめん人気の波に乗って、【おぐら屋<おぐらや>】も小さな街のラーメン屋から佐野観光スポットの一つとして大規模な店舗に生まれ変わりました。

地元民として、『佐野らーめん御殿』と言われているほど、佐野らーめんの人気と共に急成長した【おぐら屋<おぐらや>】は、佐野らーめんの定番店の1店舗です。

佐野らーめん店【おぐら屋<おぐらや>】をおすすめするノブ・ヤマネの味の感想

【おぐら屋<おぐらや>】は、佐野らーめんの中で定番の味です。

【おぐら屋<おぐらや>】の佐野らーめんは、佐野らーめんの定番中の定番の『青竹打ちのちぢれ麺・薄透明のスープ・ナルト・チャーシュー・メンマ・白ネギ』がのった定番の佐野らーめんでした。

【おぐら屋<おぐらや>】の佐野らーめんは、小学生の頃から大人になった今でも変わらない安定のあっさりしたスープと麺のハーモニーを味わえる一品です。

ノブ・ヤマネ的には、二日酔いや小腹が空いた時にピッタリなのが、【おぐら屋<おぐらや>】の佐野らーめんダァーーー!!!

佐野らーめん店【おぐら屋<おぐらや>】でノブ・ヤマネが注文するメニュー一覧

ノブ・ヤマネが【おぐら屋<おぐらや>】に行って、注文するメニューは、もちろん定番の「佐野らーめん」です。

では、【おぐら屋<おぐらや>】で、ノブ・ヤマネが注文して食べているメニューを紹介しますね。

<ノブ・ヤマネの注文一覧まとめ>
佐野らーめん:605円
餃子(5個):418円
もつ煮:418円
コーラ:165円
【合計額】1,606円
(2021年2月7日時点の情報)

実は、【おぐら屋<おぐらや>】の4月〜9月の期間限定の冷やしチャーシューメンもおすすめです!!

ノブ・ヤマネ流の佐野らーめんを注文する時は、絶対麺硬めにしています。

特に、佐野らーめんを初めて食べる方は、麺硬めと言わないと、麺が柔らかすぎると感じてしまうかもしれません。

「【定番の佐野ラーメンを食べなら】おすすめ佐野らーめん店はどこ?【おぐら屋<おぐらや>】」まとめ

「【定番の佐野ラーメンを食べなら】おすすめ佐野らーめん店はどこ?【おぐら屋<おぐらや>】」について紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

『ノブ・ヤマネが佐野市内でおすすめする定番の佐野らーめん店【おぐら屋<おぐらや>】』を知っていただけたのではないでしょうか。

まだ、【おぐら屋<おぐらや>】の「定番の佐野らーめん」を味わっていない方は、ぜひこの機会にお試しくださいね。

では、今回の「【定番の佐野ラーメンを食べなら】おすすめ佐野らーめん店はどこ?【おぐら屋<おぐらや>】」は終わり。

次回の佐野市観光スポットでお会いしましょう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です